IT業界をしらべてみたら♪

情報系の大学を卒業し、IT業界に飛び込んだものの、まだまだ知らないことが多い点も多く。。。 自分の勉強のために、IT業界のことについて調べたことを備忘録代わりに綴っていきます!!!

加速する宇宙開発 -日本初の宇宙ベンチャー誕生

2018926日、日本の宇宙スタートアップ企業が2020年に探査機の打ち上げる計画を発表しました。

宇宙産業は国家事業として取り組まれることが多く、国家の看板を背負っていることもあって、失敗が許されず、検証に多くの時間を割くことから、どうしても開発スピードが遅く、なかなか進んでいないことが問題視されていました。

 

そこを打開すべく、立ち上がった企業があります。日本初の宇宙ベンチャーとして活躍している「株式会社ispacehttps://ispace-inc.com/jpn/)です。

 

株式会社ispaceは、この度イーロンマスクCEOでも有名な、「SpaceX社」と2回のロケット打ち上げ契約を締結し、探査機の運用に臨むと発表しました。

(参考:https://jp.sputniknews.com/science/201809285389913/

 

「人類の生活圏を宇宙に広げ、持続性のある世界を目指す」を経営理念に掲げ、2040年に1000人が月面に住み、年間10000人が月面を訪れる世界をつくるというビジョンをもとに、まずは、資源確保のため、探査機に搭載された超小型宇宙ロボットを軸に、月面の水資源開発を先導し、宇宙で経済が回る世界を作り出そうでしています。

 

CEOの袴田武史氏は、

-------------------------

地球でのより豊かで持続的な生活は、人工衛星を中心とした宇宙インフラストラクチャー無しでは成り立たなくなってきています。通信、農業、交通、金融、環境維持など様々な産業が宇宙インフラに依存しています。今後、IoTや自動運転などが発展するとともに、さらに宇宙インフラの重要性が高まります。

-------------------------

と語っており、宇宙事業の早期発展が求められていることは間違いありません。

さらには、近年の異常気象においても、地球以外の居住空間を確保することは、人類全体の課題と言えます。

 

国家事業として、取り組んできた事業に民間企業が参画することで、大きく発展を遂げた企業は、鉄道、郵便、通信回線と多く見受けられます。国家事業にはない、柔軟な発想と機動力を活かすことで、宇宙産業のスピードは格段に上がります。

 

2045年には、シンギュラリティ(技術特異点)がくるとも言われています。これから、30年後の未来が、どうなっているかが、本当に楽しみです。

 

シンギュラリティ: https://matome.naver.jp/odai/2140357124430889101

低リスクで社会のために事業を立ち上げた男の話

日本の得意な産業と言えば、「観光産業」があります。

京都や奈良、東京に至るまで、観光資源が豊富で、各種インフラもそろっており、2015年の旅行・観光競争力ランキングでは、9位にランクインしています。

海外からの観光客のみならず、国内旅行を楽しむ方々も多く、週末ともなると各地でにぎわいを見せている。

 

そんな中、「旅行困難者・弱者」といわれる高齢者や若年者の方々にとっては、まだまだ都心部への旅行はハードルが高く、なかなか一歩が踏み出せないといった声があるのも事実です。

 

そのニーズを察知し、旅行先でのお出迎え、送迎、同行サービスを立ち上げたのが、「株式会社ベルサポ(https://www.berusapo.jp/)」です。

 

創業者の松下正宏さんは熊本出身で、「地方から東京にくるときのハードルを実体験したところから、リスクが低く、自分が納得でき、社会貢献もできる仕事を考えるなかで、いまのサービスにたどりつきました」と言います。

 

実際に設立した当初は、ニーズがあるかどうか心配していましたが、感謝をいただくことも多く、丁寧な接客が実り、最近では多くの雑誌、新聞社にも取り上げられたことにより、知名度も上がり、大手旅行会社や老人施設からも提携の話があるといいます。

その結果、今までの「B to C」の業態から、「B to B」の業態への考えも加わり、さらなる社会貢献のために事業拡大を視野に入れています。

 

都会は、イメージ以外にも、一度分かってしまえば便利ですが、東京在住の人であっても迷ってしまうくらい交通網や道が複雑で分かりづらい面を多く含んでいます。

そんな中で、1人でも信頼できる方が一緒にいるだけで、心配することなく、楽しむことだけを考えることのできる旅行ができるのではないでしょうか。

「観光×AI」-観光産業を盛り上げるAIの誕生

2018101日より、日本の観光の名所"京都"では、宿泊税制度が施行されます。

(参考:http://www.city.kyoto.lg.jp/gyozai/page/0000236942.html

 

10,000円200円ほどの税金が宿泊者にかかるようになるそうです。この制度ができても観光客が見込める京都の素晴らしさは、これから紅葉の季節にかけて、もっともっと増してくるのだと思います。

 

AIの力で日本の十八番とも言える産業である、「観光業」を盛り上げようとチャレンジしている企業を発見しました。

観光の名所「京都」のお膝元で産声をあげた、株式会社FKAIRhttps://www.fkair.jp/)は、AI技術の一つであるチャットボットを用いて、外国人観光客をターゲットとした「Kyoto Guide ENA」を開発、運用しています。

 

ボットと聞くと、コンピュータウイルスを連想される方も多いと思いますが、そもそもボットとは、、、

-----------------

「ロボット」の略称で、もともと人間がコンピュータを操作して行っていたような処理を、人間に代わって自動的に実行するプログラムのこと。

(参照:http://e-words.jp/w/%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88.html

-----------------

であり、ボット自体はとても便利な機能です。

人間同士が会話するチャットに対して、そこにボットを組み合わせることことによって作成された「チャットボット」は、一方は人工知能を組み込んだコンピュータが人間に代わって対話することが可能となります。

また近年では、急速な人工知能の発展と自然言語処理技術が実用的なレベルになってきたこともあり、実用性が格段に向上することが期待されています。

 

Kyoto Guide ENAでは、京都に観光に来た外国観光客が自身のスマートフォンにアプリをダウンロードすることによって、京都の観光名所から、お土産屋さん情報、そこまでの道順、気象情報まで、対話形式でチャットのような形で返答が返ってきます。

 

現在は手入力のみですが、音声認識についても拡充していくとのことで、さらなる利便性の向上が期待されます。

 

そして、このシステムを導入する一番の狙いは、アプリ利用者の行動分析が可能であり、各施設の混雑状況を時間帯でデータで蓄積、分析することで、よりスムーズに観光ができるようにアシストできるようになるとのことです。

 

すでに京都府南丹広域振興局と連携し、実証実験にも踏み込んでおり、今後の"観光×AI”が活躍の場を大いに広げてくれることは間違いないでしょう。

「人間 vs AI」 -ギャンブルの世界での戦い

遂にギャンブルにもAI技術を取り入れる時代がやってきました。かつて堀江貴文氏も大学時代に競馬にはまり、的中予想プログラムを作成したと聞いたことがあります。

 

競馬を予想して勝つためには、以下の6つの要素を多角的に分析することが必要となります。

・血統

・調教タイム

・スピード指数

・過去のレース映像

・レースペース

・馬場状態

(参考:https://www.doragon-keiba.com/the-most-important

 

要素だけでもたくさんありますが、競馬の予想法はインターネットで調べても分かる通り、予想方法もたくさん存在しています。しかしながら、その方法で勝率をあげることはできても、毎年デビューや引退をする馬がいることも考えると、勝率を100%にすることは難しいと言えます。だからこそ、当てたときの快感は格別で、今なお、老若男女問わず愛されて続けているのだと思います。

 

そんな競馬をAIで予想できないかと考え、株式会社GAUSShttps://gauss-ai.jp)がAI技術を駆使し、競馬の結果を予測するAISIVA」を開発しました。CEOの宇都宮網紀さんは、会社員時代にAI開発をしたくなったことがきっかけで、自身は全く競馬に興味がなかったものの、両親が競馬ファンだったところから、本アプリを開発したと言います。

 

本アプリでは、各馬の戦歴やコースの種類や距離、といった各要素に重み付けを行いディープラーニングを用いて作成しており、20172月にアプリをリリース以来、

単勝1着を当てる)の的中率: 約50

複勝3着以内の馬を当てる)の的中率:約80

・回収率(購入した馬券の金額に対する払戻金の割合)は130%程度

(参考:http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1805/11/news055.html

となっており、スマートフォンアプリとして無料公開していることから、利用者も28,000人となっており、かなり注目度の高いアプリとなっています。

 

株式会社GAUSSでは、SIVA以外にも画像および自然言語AI活用して解析し、類似の商品画像から自動的に最適なタグ抽出、付与するパッケージ「ファッションEC ささげ」も2018年から提供しており、こちらのアプリもかなりの期待が寄せられています。

また、201712月には、当初の資本金100万から、1,7億円の増資に成功し、異例のペースで拡大を続けています。

 

CEOの宇都宮網紀さんは、「for us!! 私たちの選択が本当に世の中(みんな)のためとなるのか」という経営理念を掲げ、AIのスタートアップ企業として、ここで留まることなく、未来に向けて前進し続けています。

 

人の脳による分析とAIによる分析。AIも的中率が100%ではなく、見ている要素も限られていることから、人の脳による分析が勝つ可能性も多分にあります。

「人間 vs AI」というSF映画をワクワクしながら幼少期に見ていましたが、それがまさに実現しつつあります。競馬に勝つこともさることながら、AIに勝つという要素もまた、ギャンブル業界を盛り上げる一つの要因になるのかもしれません。

 

AI人工知能)競馬予想「SIVA」:http://siva-ai.com/#/

ソーシャルメディアの実力公開!!

前回の記事にて、Instagramの宣伝効果について書きました。

 

今やソーシャルメディアは、単なるコミュニケーションツールではなく、社会の大きな役割を担っていると言えます。

ソーシャルメディアは、Instagramだけではありません。今回は他のソーシャルメディアについても調べてみました。(参考資料:https://www.uniad.co.jp/260204

 

Instagram

世界で8億人、日本国内では、

------------------------

  ・20156月時点: 810万人

  ・20164月時点: 1,000万人

  ・20182月時点: 1,706万人

------------------------

Instagramの特徴は、写真をメインとした非言語メディアであり、言葉の壁を超えて、世界中の人とつながることができ、文書を考える必要がないため、気軽に更新を行うことができます。最近では、ショッピング機能も追加され、自分のお店や会社のECサイトと連携することもできるようになっています。

 

Facebook

世界で207,000万人、日本国内では、

------------------------

  ・20153月時点: 2,400万人

  ・20179月時点: 2,800万人

------------------------

Facebookの特徴は、ユーザー数の多さと、利用する年齢層の幅が広いということです。また、実名制という点から信頼性も高く、テキストだけの投稿、写真の投稿、動画の投稿などとても幅広い用途に使用することでき、自分のお店や会社のアカウントを作成(フェイスブックページ)することができます。

 

Twitter

世界で32,800万人、日本国内では、

------------------------

  ・201512月時点: 3,500万人

  ・20169月時点: 4,000万人

  ・201710月時点: 4,500万人

------------------------

Twitterの特徴は、非常に高い匿名性とそのスピード感です。また、投稿した内容がリツイートされることによって、良くも悪くもフォローしてくれている人以外にも投稿が届く可能性があり、拡散性にも優れています。

 

ソーシャルメディアを活用することで、これまで「伝えるだけ」の一方向だったものが、「伝えて、返事が返ってくる」双方向のコミュニケーションをとれるようになり、商品の良さだけではなく、人との信頼関係や想いの部分も重要視されてくるのではないでしょうか。

 

”物”として見るだけでなく、そこに人の想いが価値として宿る"もの"を、私も使っていきたいと思います。

ソーシャルメディアがテレビを超える時代がついに到来!!

「広告、宣伝といえば、テレビや新聞が最も連想されてきた時代」というのは、もう古いのかもしれません。

 

スマートフォン所有者の増加に伴い、テレビの視聴率の低下は著しく、1980年代には2030%もの視聴率があった時代は変化し、現在では10%台を確保すれば、高視聴率と言えるほどなってきており、テレビの視聴率は低下の一途をたどっており、もはや莫大な宣伝費を支払ってまでテレビの宣伝を打つ効果も薄くなってきていると言えます。

 

時代の流れをいち早く察知し、テレビCMを全く打たず、大半のプロモーションをデジタルで実施した企業を見つけました。

2015年にボタニカルシャンプー・トリートメントを発売して以降、20186月にはシリーズ累計出荷5000万本を突破し、資本金も100万から2億円の増資を実現し、今まさに急成長を遂げている、

「株式会社I-nehttps://i-ne.co.jp/)」です。

 

テレビCMの代わりに、株式会社I-neBOTANISTの宣伝に採用したのが、「Instagram」です。

Instagramスマートフォンのカメラアプリで、撮影した写真をその場で加工しアップできるSNSであり、世界で8億人、日本国内でも、

------------------------

  ・20156月時点: 810万人

  ・20164月時点: 1,000万人

  ・20182月時点: 1,706万人

(参考資料:https://www.uniad.co.jp/260204

------------------------

と急増の一途をたどっており、主に20代の女性ユーザーに指示されています。

 

Instagramの特徴は?」と訊ねると、「Instagramはインスピレーションを与えることができるメディアだと考えています。言葉ではなくビジュアルで、ブランドが伝えたいことを右脳に働きかけられる点で強い」と言います。

(参考資料:http://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/1809/12/news027.html

 

ブランドの世界観を伝える動画や写真を積極的に投稿し、コメント欄ではフォロワーとの交流も活発にすることで、テレビではできなかった双方向のコミュニケーションが可能となります。

 

また、20186月にInstagramに追加された「ショッピング機能」により、

今までは、、、

テレビCMを見る ⇒ 商品を検索する ⇒ 商品を購入する

という流れでしたが、この機能を取り入れることにより、、、

Instagramを見る ⇒ 商品を購入する

といったように、検索の手間を省き、よりスムーズに良いと思った瞬間にECサイトにワンクリックでアクセスして購入できます。

 

さらに、テレビCMでは主に日本国内にしか放映されておらず、テレビCMを目にするのは日本国内にいる方のみでしたが、Instagramの世界ユーザー数は8億人であり、8億人全てが宣伝を見ることができ、ECサイトから購入できる可能性を秘めており、マーケットの大きさも今までの比ではないことは明らかです。

 

スタートアップ企業であっても、今後ソーシャルメディアを効率良く活用することにより、成功するチャンスは以前と比べ、格段に上昇していくのではないでしょうか。

 

BOTANISTについてはこちら: https://i-ne.co.jp/

いつでも、どこにいても、安心して最先端の医療が実現する時代の到来!!

もうすぐ10月となり、毎年恒例のインフルエンザの予防接種の時期がやってきました。昨年はワクチンの数が少ないとニュースになったことから、今年は早めの受診を考えている方も多いのではないでしょうか。

 

インフルエンザにかかった際に、綿棒で鼻をぐりぐりされる検査。実はこの検査の精度は、60パーセントしかないのだそうです。。。

高熱に襲われながら病院にいって、再診を告げられるのはできる限り避けたいですよね。

 

そんな医療の現状を"医療×IT"で解決しようと動き出した企業があります。

201711月に創業した、「アイリス株式会社(https://aillis.jp)」です。

 

実はすでに、上記の検査以外でインフルエンザを99パーセント判定できる技術が論文で発表されています。のどの腫れに着目した方法で、インフルエンザは他の病気と比較して、その腫れ方とは形状や色調が明らかに異なるのだそうです。

ただし、視覚で見極める必要があり、専門医の熟練した医療技術が必要だという壁にぶつかりました。

 

そこで考え出した答えが、"医療×IT"でした。

 

皆さんは、ディープラーニングという技術をご存知でしょうか。

ディープラーニングとは、、、

----------------------

ディープラーニング(深層学習)とは、人間が自然に行うタスクをコンピュータに学習させる機械学習の手法のひとつです。人工知能(AI)の急速な発展を支える技術であり、その進歩により様々な分野への実用化が進んでいます。近年開発の進んでいる自動運転車においてもカギとなっているのは、ディープラーニングです。停止標識を認識したり、電柱と人間を区別したりするのも、ディープラーニングが可能にしている技術と言えます。

多層構造のニューラルネットワークに大量の画像、テキスト、音声データなどを入力することで、コンピュータのモデルはデータに含まれる特徴を各層で自動的に学習していきます。この構造と学習の手法がディープラーニング特有であり、これによりディープラーニングのモデルは極めて高い精度を誇り、時には人間の認識精度を超えることもあります。

(参考資料:https://jp.mathworks.com/discovery/deep-learning.html

----------------------

 

ディープラーニングを用いて、インフルエンザにかかった患者の画像データを大量を入力して、学習させ、それを内視鏡に組み込んで、判定させます。これにより、判定自体はコンピュータが行ってくれるため、医師は内視鏡を入れる技術のみで、誰でも同じ精度実現することができます。

 

沖山翔CEO自身、救命医として多くの患者と向き合い、その中で、「その病気の専門医であれば救えたかもしれない!!」という経験を幾度となくしてきたそうです。

 

その経験から「論文のオンライン化で医学知識は世界中の医師に共有できるようになったものの、医学技術はまだ共有されていません。AI技術でこの課題を解決し、専門医の熟練技が世界で共有されるような、そんな医療を目指します。」と語っています。

 

いつでも、どこにいても、安心して最先端の医療が実現する時代が、もうすぐそこまで来ており、情報社会は"知識"の共有を飛び越え、"技術"の共有が可能になる時代になってきていることを感じました。